1. TOP>
  2. お墓の悩み解決>
  3. 散骨

散骨とは

散骨とは山への散骨もありますが海への散骨が主流のようです。ひと昔前だと散骨は「死体遺棄」にあたると解釈されて違法とされていましたが、 「節度をもった散骨」に対しては違法ではないとされたため、近年注目を集めるようになりました。1991年「葬送の自由をすすめる会」の相模湾での散骨実施が日本の第1号です。 最近では散骨サービス会社も増え、年々散骨供養は増加しています。散骨サービス会社を使った場合は、10人程度の一家族チャータータイプで約30万、2家族合同で15万、乗船無しでの散骨代行だと粉骨費用も含め7万円程度です。 個人でもできますが、粉骨することと、公共のマナーをふまえ、節度を持った葬送儀式としての実施が必要です。 博國屋では、長年お付き合いのある信頼出来る散骨サービス会社の協力を得て、「海洋委託散骨」と「手元供養品」の組合せを簡単な手続きで合わせてお申込みいただけるように致しました。安心できる故人のご供養のお手伝いが出来ますよう願っております。

海洋委託散骨50,000円(税抜)

海洋散骨イメージ画像

海洋散骨イメージスマホ画像

散骨はこのようなお悩みの方へ

01一部を納骨し、分骨したお骨を散骨したい

従来のお墓も持っているが、故人の希望で一部を海に散骨したいなど、全てを納骨する必要はなく、できるだけ故人の希望、家族の意思を尊重することもでできます。

02自然葬にしたい

母なる海や山、故人の思い出の場所などに眠りたいなど、昨今ではこのように散骨する方が増えています。

03高額なお墓はいらない

長い老後の生活費や高額の医療費、介護費の個人負担で展望の開けない家計のやりくりは苦労の種となっています。昨今では、無宗教者も増え葬儀は要らない、戒名不要、お墓も要らない・・・と 遺言し亡くなる人が増えてきたと聞きます。お墓を立てても継承の難しい現実もあります。

海洋散骨の概要

海洋散骨イメージ画像

01散骨

委託散骨ご家族が立ち会わず代行により散骨。

合同散骨他のご家族との乗り合わせによる散骨。

故人散骨チャーター船によるプライベートな散骨。

粉骨イメージ画像

02粉骨

お預かりしましたご遺骨を丁寧に粉骨致します。

海図証明書イメージ画像

03証明書

散骨した位置は海図にポイントし証明書として後日お送りします。※ 海図入り額付きの散骨証明書をご希望の方は別途 5,250円です。

海洋散骨のBGMイメージ画像

04BGM

※合同、個人散骨の場合
BGM(ご希望に添えない場合もあります)

海洋散骨の献花イメージ画像

05献花

※合同、個人散骨の場合
献花(花びらのみ遺骨と共に海上に撒きます)

海洋散骨の献酒イメージ画像

06献酒

※合同、個人散骨の場合
献酒(酒、ビール、ワインなど)

手元供養と海洋散骨

海洋散骨イメージ画像

01散骨のみ

お預かりしたお骨を丁寧に粉骨しお返し致します。

必要なもの

海洋散骨イメージ画像

手元供養の地蔵

02海洋散骨 + 手元供養品

お預かりしたお骨を粉骨し、一部を海洋散骨、一部をお骨を手元供養品に納骨しお渡しします。

必要なもの

申し込みの流れ

01お問い合わせ・申し込み 電話アイコン メールアイコン

お電話、メールよりご連絡ください。

ご連絡頂いた個人情報はお問い合わせの回答以外には一切利用致しません。
※メールでのお問い合わせの場合、お名前、お電話番号、件名(粉骨について)をご記載ください。
お電話のお問い合わせ
TEL:0120-169-281
受付時間: 10:00〜18:00(土日祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
info@hirokuniya.com
24時間受付

02必要書類・ご遺骨の郵送

03手元供養品のご注文(希望者のみ)

WEB SHOPよりご注文頂くか、または手元供養品の注文書をお客様へと郵送致します。

公式WEBショップ>>

楽天ショップ>>

04お支払

入金確認後作業(手元供養品の製作)を開始いたします。

手元供養品の購入の有無で値段が変わります。

粉骨のみで 粉骨代金17,500円(税抜)

粉骨+手元供養品購入(地蔵)で 粉骨代金6,500円(税抜)

粉骨+手元供養品購入(地蔵以外)で 粉骨代金11,500円(税抜)

05ご返送

お客様の元へとご返送致します。
手元供養品を同時にご希望の場合、お骨を一部納骨して、一緒にお送り致します。

振込先

銀行振込

【振込先口座】京都銀行 吉祥院支店
普通口座:3759501
口座名義:ユ)ヒロクニヤ

ゆうちょ振替

【振込先口座】郵便局 (ゆうちょ銀行)
口座:14400-32291021
口座名義:ユ)ヒロクニヤ

ご注意

ゆうパックの送付書の品名欄には「遺骨」と記入されることをお薦めしますが、書き辛い場合には「陶器」「瀬戸物」などとご記入頂いても結構です。郵送費用はお客様でご負担ください。 (宅配便で遺骨を送ることはできませんので必ず「ゆうパック」をご利用ください。)

※ご遺骨の郵送の場合運送業者による不測の事故、盗難等において当社では責任をとる事ができませんのでご理解の程お願い致します

遺骨の扱い、粉骨、散骨について

ご遺骨の自宅保管や散骨について
自宅でご遺骨を保管することは違法ではありません
【墓地、埋葬等に関する法律】
第2章第4条「埋葬、又は焼骨の埋葬は、墓地以外の区域に、これを行ってはいけない」とあります。 これはお墓以外の土地に勝手に埋葬する事を禁止しているもので、故人を弔うための祭祀として自宅に保管したり、散骨を行う事は「葬送のための祭祀として節度をもって行うものについては遺棄罪にはあたらない」との見解を示しています。 遺骨を自宅に置いてはいけない・お墓に納めなければいけないという決まりはありません。 しかし、散骨は、葬送の一環として節度を持って行なわなければなりません。マナーとモラルがとても大切な事となります。

粉骨申込書ダウンロード

申込書ダウンロード/プリント
粉骨申込書ダウンロード
上記画像をクリック
送り先
〒604-0993
京都市中京区寺町通夷川上ル久遠院前町669 サンアートビル4F
(有)博國屋 「粉骨係」宛
TEL 075-257-7977
ご連絡頂いた個人情報はお問い合わせの回答以外には一切利用致しません。
※メールでのお問い合わせの場合、お名前、お電話番号、件名(粉骨について)をご記載ください。
お電話のお問い合わせ
TEL:0120-169-281
受付時間: 10:00〜18:00(土日祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
info@hirokuniya.com
24時間受付

PAGE TOP