1. TOP>
  2. お墓の悩み>
  3. 粉骨

博國屋 お墓の悩み解決 終章事業 -粉骨-

粉骨 + 手元供養品

日本においても、ご遺骨を美しい粉末状にすることは、むしろ故人や残された者にとって、やさしさの行為とも考えられます。博國屋では散骨のためだけではなく手元供養品に入れやすくなる粉骨をおすすめしています。

粉骨サービス
粉骨の説明

粉骨のみ:粉骨代金17,500円(税抜)

粉骨と手元供養(地蔵)で:粉骨代金17,500円→6,500円(税抜)

粉骨と手元供養(地蔵以外)で:粉骨代金17,500円→11,500円(税抜)

サービス概要

【粉骨のみ】
粉骨画像
お預かりしましたご遺骨を丁寧に粉骨致します。
【粉骨+手元供養品(地蔵)】
粉骨画像
お預かりしましたご遺骨を丁寧に粉骨致します。
地蔵画像
納骨オブジェのお地蔵様が付きます。※粉骨したお骨を納骨させていただきます。
部屋置き 地蔵
地蔵画像
66,000円
粉骨込み価格→
83,500円
72,500円
【粉骨+手元供養品(地蔵以外)】
粉骨画像
お預かりしましたご遺骨を丁寧に粉骨致します。
手元供養品画像
ご希望の手元供養品とセットとなります。※粉骨したお骨を納骨させていただきます。
部屋置き 追憶
追憶画像
60,000円(税抜)
粉骨込み価格→
77,500円
71,500円(税抜)
部屋置き 礎
礎画像
34,000円
粉骨込み価格→
51,500円
45,500円
部屋置き なごみ
なごみ画像
22,000円~
粉骨込み価格→
39,500円~
33,500円~
携帯型 かぐや姫
かぐや姫画像
32,000円
粉骨込み価格→
49,500円
43,500円
携帯型 小町
小町画像
9,000円~
粉骨込み価格→
26,500円
20,500円
お申込みからお届けまでの流れ
お電話、メールよりご連絡ください。
お電話のお問い合わせ
TEL:0120-169-281
受付時間: 10:00〜18:00(土日祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
info@hirokuniya.com
24時間受付
ご遺骨のお届け方法、手元供養品等のご相談をさせていただきます。 
※日程調整のうえ、ご希望の方には粉骨に立ち会って頂くことも可能です。
■粉骨申し込み書(下記よりダウンロード/プリント)
■ご遺骨納めた骨壷
■火葬証明書(コピー可)
■手元供養品ご購入の場合注文書
上記を「ゆうパック」(郵便小包み)にて当方まで郵送してください。
WEB SHOPよりご注文頂くか、または手元供養品の注文書をお客様へと郵送致します。
WEBSHOPへ
入金確認後作業(手元供養品の製作)を開始いたします。
お客様の元へとご返送致します。
ご注意
ゆうパックの送付書の品名欄には「遺骨」と記入されることをお薦めしますが、書き辛い場合には「陶器」「瀬戸物」などとご記入頂いても結構です。郵送費用はお客様でご負担ください。
(宅配便で遺骨を送ることはできませんので必ず「ゆうパック」をご利用ください。)
■遺骨の梱包について (ゆうパックご利用の場合) 骨壷のふたをテープで止めて下さい。 また、輸送中骨壷が割れないようダンボールに入れ、骨壷の上下左右の隙間を新聞等で埋めて骨壷が動かないようにしてお送り下さい。
■お預かり後のキャンセル・返金はお受けできませんのでご了承ください。
■作業は1~2週間程お時間をいただきます。
※ご遺骨の郵送の場合運送業者による不測の事故、盗難等において当社では責任をとる事ができませんのでご理解の程お願い致します。
送り先
住所 〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上ル久遠院前町669 サンアートビル4F 
宛名 (有)博國屋 「粉骨係」宛
TEL/FAX 075-257-7977 / 075-257-7839
申込書ダウンロード 粉骨申込書ダウンロード
上記画像をクリック
お振込先
 【銀行振込(京都銀行)】
前払いとなりますので、ご入金確認後の商品発送となります。
おそれいりますが、振込手数料はご負担ください。
【振込先口座】
京都銀行 吉祥院支店
普通口座:3759501
口座名義:ユ)ヒロクニヤ
ゆうちょ振替
前払いとなりますので、ご入金確認後の商品発送となります。
おそれいりますが、振込手数料はご負担ください。
【振込先口座】
郵便局 (ゆうちょ銀行)
口座:14400-32291021
口座名義:ユ)ヒロクニヤ
【遺骨の扱い、粉骨、散骨について】
運送業者による不足の事故、盗難などにおいては、当社では責任をとる事が出来ませんので予めご了承くださいませ。
ご遺骨の自宅保管や散骨について
自宅でご遺骨を保管することは違法ではありません
【墓地、埋葬等に関する法律】
第2章第4条「埋葬、又は焼骨の埋葬は、墓地以外の区域に、これを行ってはいけない」とあります。これはお墓以外の土地に勝手に埋葬する事を禁止しているもので、故人を弔うための祭祀として自宅に保管したり、散骨を行う事は「葬送のための祭祀として節度をもって行うものについては遺棄罪にはあたらない」との見解を示しています。 遺骨を自宅に置いてはいけない・お墓に納めなければいけないという決まりはありません。 しかし、散骨は、葬送の一環として節度を持って行なわなければなりません。マナーとモラルがとても大切な事となります。
粉骨とは

日本人にとっては馴染みのない行為ですが、フランスやイギリスでは、火葬後の焼骨は粉末状にされ骨箱や骨壷に納められ遺族に手渡されます。これは、生々しい遺骨の姿が残酷なイメージを与えるからとも言われています。日本においても、ご遺骨を美しい粉末状にすることは、むしろ故人や残された者にとって、やさしさの行為とも考えられます。実際、博國屋店主も父母の遺骨を砕骨しましたが海辺の白砂のようにきれいになりました。

このようなお悩みの方へ

散骨したい

散骨の場合、お骨をそのままの形で散布しないこと、そのためお骨とは分からない程度に粉末化(一般的には2mm程度以下)しなければなりません。また散骨時は他人の所有する土地には散布しないこと、あるいは了解をとること 風評被害を起こさなよう配慮することなど

手元供養したい

「小さなお墓」とも言われる手元供養品には様々なタイプがあります。オブジェタイプから小さな骨壺、小さいものであれば、 ペンダントやお守りになります。その際納骨するために、粉骨が必要な場合がございます。

お墓の悩み解決レシピ資料請求
長年の博國屋の経験や研究の中から「手元供養」を活用した解決本となっています。実際の悩みをQ&A形式で解決した小冊子となります。
解決レシピ
ショップリストボタン
お客様の声ボタン
お問い合わせボタン
ウェブショップボタン

PAGE TOP