1. TOP>
  2. お墓の悩み>
  3. 散骨

博國屋 お墓の悩み解決 終章事業 -海洋散骨-

海洋散骨

博國屋では、長年お付き合いのある信頼出来る散骨サービス会社の協力を得て、「海洋委託散骨」と「手元供養品」の組合せを簡単な手続きで合わせてお申込みいただけるように致しました。安心できる故人のご供養のお手伝いが出来ますよう願っております。

海洋散骨イメージ画像
お申込から海洋委託散骨までの流れ
お電話、メールにてご連絡ください。
※メールの場合お電話番号の記載をお忘れなく。
お電話のお問い合わせ
TEL:0120-169-281
受付時間: 10:00〜18:00(土日祝日を除く)
京都博國屋
メールでのお問い合わせ
info@hirokuniya.com
24時間受付
京都博國屋
散骨方法、散骨の希望日などを伺い日程の確認を致します。
WEB SHOPよりご注文頂くか、または手元供養品の注文書をお客様へと郵送致します。
お支払い方法に、振込みをご希望のお客様は先払いとなります。
散骨時に使う、献酒、BGMのご希望を伺います。(散骨方法により異なります)
委託散骨料を散骨式までにお振込みいただきます。
着払いの方はこの時にお支払い
ご遺骨を手元供養品に一部納骨してください。
埋骨許可証コピー(=火葬証明書)も一緒にお送りいただきます。
委託散骨式で散骨を実施いたします。
散骨証明書、お写真等をお送りいたします。
海洋散骨
散骨とは山への散骨もありますが海への散骨が主流のようです。ひと昔前だと散骨は「死体遺棄」にあたると解釈されて違法とされていましたが、「節度をもった散骨」に対しては違法ではないとされたため、近年注目を集めるようになりました。1991年「葬送の自由をすすめる会」の相模湾での散骨実施が日本の第1号です。最近では散骨サービス会社も増え、年々散骨供養は増加しています。散骨サービス会社を使った場合は、10人程度の一家族チャータータイプで約30万、2家族合同で15万、乗船無しでの散骨代行だと粉骨費用も含め7万円程度です。個人でもできますが、粉骨することと、公共のマナーをふまえ、節度を持った葬送儀式としての実施が必要です。
このようなお悩みの方へ

自然に還りたい

個人の大好きだった海に還り新たな天地万物(自然)となる葬法です。自然に還る方法となっています。

継承者問題

自分の死後遺された家族や子供に高いお墓やその後に続くお寺さんとの付き合いで面倒をかけたくない方。

高額なお墓はいらない

地域にもよりますが、従来の一般的なお墓(200~300万円)に比べ費用を抑えられます。

お墓の悩み解決レシピ資料請求
長年の博國屋の経験や研究の中から「手元供養」を活用した解決本となっています。実際の悩みをQ&A形式で解決した小冊子となります。
ショップリストボタン
お客様の声ボタン
お問い合わせボタン
ウェブショップボタン

PAGE TOP