1. TOP>
  2. プロダクト

手元供養について

本来墓地や寺院などで管理する遺骨や遺灰を、いつでも"手元"で大切な"故人"を供養できるというコンセプトのもとに考案されています。
博國屋から始まった手元供養は今や全国に広まっております。 写真やお位牌のように故人の面影を感じられるものとし“お骨”をお地蔵さんのオブジェや、 ペンダント、小さな骨壷などに納めます。 手を合わせることで癒され、ときには握りしめ大切な方とをつなぐ心の拠りどころとなります。

特徴・利用者

■悲しみを和らげる「グリーフケア」

■様々な理由で「お墓の代わり」として

■宗教や儀式にとらわれない

■自分らしい故人らしい供養

■お墓が遠方で墓参りが困難な方

■お墓の跡継ぎがいない方

■自由な葬送を望まれる方

■故人を身近に感じたい方

■お墓にお金を掛けたくない方

遺骨を自宅に置いてもいいの?

遺骨の扱いに関する法律 「墓地、埋葬等に関する法律」からも全く問題はありません。ご安心下さい。自宅で骨壷を安置されている方も多くいらっしゃいます。 遺骨を骨壷にかえてオブジェに納めるとお考えください。 自宅では仏壇や家族と一緒に過ごせるリビングに写真と一緒にメモリアルコーナーをつくり置かれる方が多いようです。

方法

■お墓を持たないで手元供養を小さなお墓とする。
■墓地や寺院へ納骨、樹木葬や散骨をしたうえで一部分だけ自宅で手元供養
遺骨を分けて保管すること(分骨)について、「成仏できなくなるのでは」との迷信が気になるようですが、私どもの知り合いのご住職は“供養したいと思う心”それこそが大切なことと申されます。 お釈迦様の遺骨(仏舎利)も世界各地に分骨されています。また西日本では五体の一部づつしか骨上げをしません。実はこの時点で分骨になっています。

メリット

■常に故人のことを感じることができる
手元供養の名前の通り、置物タイプでは自宅、携帯タイプでは常に肌身離さずといった、常に故人をそばに感じることができます。 手元供養の利用者には「お墓の冷たい土の下は可哀想で...」といった意見も見られ、夫婦、親子など、これまでの関係性を大事にされる方にとって精神的にも大きなメリットとなります。
■遠方へ出向くことなく供養ができる
従来の先祖代々のお墓の場合、簡単に移動するわけにもいかず、自分が地方に行ってしまったりと、お墓が遠方にあるという方も珍しくありません。しかし故人の供養のためにはその場所に出向く必要があります。 また近くにあって足を悪くするなどして体調が優れない場合などに、出向くことが難しくなることもあります。 そういった場合でも近くに供養するもの、偲ぶものがあれば、距離や時間を気にすることなく供養できるのは時間、精神的にもメリットとなります。
■大幅に費用を抑えることができる
もし新たにお墓を建てる場合、地域にもよりますが、一般的なお墓なら200~300万円の出費が必要です。 対して手元供養は必ず必要する物品はないため、費用をかけずに供養していくことも可能です。 博國屋の手元供養品でも、9,000円~と費用が掛からない供養となります。

博國屋手元供養品の種類


納骨オブジェタイプ

納骨写真オブジェタイプ

納骨写真オブジェタイプ

小さな骨壺タイプ

納骨お守りタイプ

納骨ペンダントタイプ

手元供養品の本


山﨑譲二(著)2007年・出版 祥伝社新書
【「お墓」の心配無用 手元供養のすすめ】博國屋店主著書
「死んだらお墓に入る」が今や必ずしも常識ではないのです。 葬送について深く考えることもなかった筆者が、父の死をきっかけに始めた 「手元供養」への思い、 供養観を著者自身と手元供養品を選んだ人達の実例をもとにご紹介します。 また、手元供養の実際と合わせて、変わらざるを得ないお墓を取り巻く背景と、 新しい葬法として 注目されている散骨や樹木葬、永代供養墓、本山納骨などの最新情報をご紹介します。 メディア各社で書評にも取り上げられた今話題の一冊です。
産経新聞10月19日
神戸新聞8月14日
朝日新聞(関東版)8月21日

自分らしい葬送を考える企画委員会(編) 山﨑譲二(共著)2009年出版 三省堂
【自分らしい葬儀とお墓のすべてが分かる本】
昨今のお葬式やお墓事情の変化には目を見張るものがあります。 今の日本は有史以来経験したことがない少子、高齢社会を迎えています。 そして、この影響で、我々の暮らしや考え方が大きく変わり、葬送の分野でも今まで頼りにしてきた古老や年長者の10年、20年前の葬儀体験や知識、常識では太刀打ちできない時代となっているのです。・・・ 本書は、各分野を代表する専門家の手により、自分にあった、あるいはお金をかけないでも心のこもった葬送がかなえられるさまざまな情報が一杯詰まった一冊です。 自分に、そして大切な人へ、「ふさわしいエンディング」を、あらかじめ考える上での参考にしていただければ幸いです。 
ショップリストボタン
お客様の声ボタン
お問い合わせボタン
ウェブショップボタン

PAGE TOP